カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS


ビルケンシュトックの事なら何でもご相談下さい!
e-mail info@sandal-online.com ※当店からメールが届かないお客様はコチラ※

kaiinntouroku01

レザーの種類とお手入れ方法


〜レザーの種類とお手入れ方法 解説〜

スエード、ヌバック、ビルコフロー、オイルド、ナチュラル、スムースレザーの種類と特性、お手入れ方法を解説
スエード・レザー


スエード・レザーとは、革の裏面をサンドペーパーや
ヤスリ等でベルベット状に起毛させて、
独特の光沢感を引き出させた革で、
毛足が短くソフトなものほど上質とされています。


スエードレザーを使っている商品はボストントープ、ボストンモカなど

スエードレザーのお手入れ方法

スエード・レザーのメンテナンスに関しては、
ゴムブラシ、スエード専用消しゴム、
防水スプレー等を使用します。

保管する際は、通常のレザーと同じく、
通気性の良いところで保管して下さい。
スエードやヌバックなど起毛革には、専用のブラシを使用してください。
スエードブラシには、細い真鍮の針金が使われていて、
起毛革を毛羽立たせる効果があります。ただし、起毛革以外に使うと傷の原因
となりますので、ご注意下さい。

ヌバック・レザー


ヌバック・レザーとは、【革の表面】を「目の細かい」
サンドペーパーやヤスリ等でこすって起毛仕上げさせた革です。
ヌバック仕上げは、スエードと比べると
毛足が短く、しなやかで柔らかい肌触りがあるというのが特徴。

ヌバックレザーを使っている商品はモンタナ・モカ、モンタナジェットブラックなど


ヌバックレザーのお手入れ方法

ヌバック・レザーのメンテナンスに関しては、
ゴムブラシ、スエード専用消しゴム、
防水スプレー等を使用します。

なお、保管する際は、通常のレザーと同じく、
通気性の良いところで保管して下さい。
ビルコフロー


ビルコフローとは、天然皮革の風合いに近い感じや
きれいな柄が多く、丈夫な造りです。
ビルコフローはレザーではなく合成皮革です。

ビルコフローは合皮ですから特別なお手入れは不要です。




ビルコフローのお手入れ方法



ビルコフローの場合それ程手入れが必要ありませんが汚れが付着した際に軽くふき取る事でキレイな状態が維持できます。




オイルド・レザー


オイルド・レザーとは、素材の風合い。雨にも傷にも強いタフな素材 いずれの革も、
なめし後にオイル入れ(加脂)
されるのは普通ですが、オイルドレザーの場合、これに回転式ドラムなどを使って
オイルドアップされます。
オイルドヌメ(牛のヌメ革にオイルド加工を施した革)は
オイルドレザーの代表格で、素朴な風合いとしっとりとした手触りが特徴となります。
また、「雨に強い」「傷が入っても指などで擦ることで大概は消すことが出来る」
「使うほどにオイルが繊維に深く染み込んで風合いと光沢が増す」などの特色も
あげられます。履けば履くほど味の出る革です。

オイルドレザーを使っている商品はロンドン・ブラック、ボストン・ハバナです。


オイルドレザーのお手入れ方法


アッパーが汚れている場合、クリーナーで汚れを落とします。
オイルドレザーの油分補給には、動物性のミンクオイルなどを含むものが
適しています。
最初に布にオイル又はクリームを取ります。その後、布によく馴染ませます。
オイル又はクリームは表面をなでるように
少量ずつ馴染ませながらこすることによって、
摩擦の熱で、傷なども隠れて、良いツヤが出ます。
※付けるオイルやクリームはごく少量で十分です。
つけすぎることによって色が変わる可能性があります。

ナチュラル・レザー


ナチュラル・レザーとは厳選されたステアハイド(成牛革)を、
職人が植物性タンニン
(ミモザ)を使用して鞣したヌメ革です。

ナチュラルレザーは水分に弱いので、なるべく水から避けてください。
もし、雨などに濡れてもきっちり水分をとってあげたり
手入れをしてあげると、特に問題はありません。

ナチュラルレザーを使っている商品はボストン・アンティークブラウンやボストン・ブラックなど
ナチュラルレザーのお手入れ方法


布にクリームを少量取り、薄く塗って下さい。
その後、布によく馴染ませます。
クリームは表面をなでるように少量ずつ馴染ませながらこすることによって、
摩擦の熱で、傷なども隠れて、良いツヤが出ます。
※初めて使用する時は必ず目立たないところで試してからお使いください。
べとつきが気になる場合はそのまま15分くらい放置してからご使用下さい。
2週間位を目安に、お手入れして下さい。あまり過度にやり過ぎると艶が落ちる場合が
あります。ご注意下さい。


スムース・レザー


スムースレザーとは、型押しをしてないレザーのことです。
ですから、牛革もありますし、ラムレザー、シープレザー、ピッグレザーでも
型押しをしてなければすべてスムースレザーと言うことになります。
それと、一般的にスムースレザーのほうが、型押しをしたレザーよりも高級です。
それはスムースレザーは傷が一つもない部分を選んでいるからです。
ですのでそれだけいい品質のものです。


スムースレザーのお手入れ方法

布にクリームを少量取り、薄く塗って下さい。
その後、布によく馴染ませます。
クリームは表面をなでるように少量ずつ馴染ませながらこすることによって、
摩擦の熱で、傷なども隠れて、良いツヤが出ます。
※初めて使用する時は必ず目立たないところで試してからお使いください。
べとつきが気になる場合はそのまま15分くらい放置してからご使用下さい。
2週間位を目安に、お手入れして下さい。あまり過度にやり過ぎると艶が落ちる場合が
あります。ご注意下さい。
スムースレザーを使用している商品はアントワープ・ブラック、などです。



〜お手入れ方法 実践〜
ここで実際にクリームを塗ってお手入れしてみましょう!

それではクリームを塗ってお手入れする方法を実践していきます。




用意するものはいらなくなった布切れと、専用のクリーム!
今回使用するものは乳化性クリーム(無色)を使用します。


布につける量はほんとにわずかで大丈夫です。




このくらいですね。



それからゴシゴシなじませなじませ…

今回綺麗にする靴はボストン・アンティークブラウン!ちょっと傷がありますね…




では綺麗にしましょうか!



っていきなりど真ん中の表面はだめですよ…
下のほうから徐々に徐々に進めてください。
ゴシゴシ…
ゴシゴシ…
しっかり擦ってあげてください。
こすることによって起こる摩擦で傷も隠れて、ツヤが出ます。
ゴシゴシ…
ゴシゴシ…
ちょっと待ってくださいね。

ジャン!



解説しま〜す。クリームを全体に馴染ませした!!
全体にきれいになっているのが分かりますかね?

それでは見比べてみてください!

ビフォー(クリーム使用なし両足)


アフター(クリーム使用両足)


綺麗になりました〜!テンションあがってもう一枚!!


とっても簡単です!こうやってメンテナンスしてあげることによって、愛着もわきますし、
何より長持ちします!

ぜひお試し下さい!


ページトップへ