カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ お客様の声 サイトマップ
RSS
【お知らせ】
2008年より約10年間ビルケンシュトックの通販サイトとして営業してまいりましたがこの度諸事情によりサンダルオンラインの営業を18年5月末日を持ちまして最終営業とさせていただきます。サイトをご利用のお客様には大変ご不便をお掛けしますが何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。また、顧客様には大変お世話になり誠にありがとうございました。感謝申し上げます。営業中大変好評でしたビルケンシュトックの修理については引き続き当店ブログを窓口とし引き続き営業させて頂きます。また、商品の販売についても同様移転先にて対応いたしますのでどうぞよろしくお願い申し上げます。移転先→店長ブログ

【最終受注スケジュール】
サンダルオンラインのネット上の表示は5月末日ですがご注文は決済方法により最終日が分かれますのでご注意お願いします。

銀行振り込み・代引き→5月25日24時まで有効
クレジットカード→5月15日まで有効

商品のお届け原則5月中ですが24、25日にご注文いただいた場合は例外として6月中のお届けとなります。


ビルケンシュトックの事なら何でもご相談下さい!
e-mail info@sandal-online.com ※当店からメールが届かないお客様はコチラ※

kaiinntouroku01

マイサイズ

自分の靴のサイズは何センチ?こんな質問にどう答えますか?

「はい私は24cmです。」と答えた人〜  本当ですか?


ご存知方も多いとは思うのですが靴のサイズは実は目安なんですね。

いろんなデザインやいろんな素材がある、その靴を作っているメーカだっていろいろです。

表示サイズがおんなじだからと言って靴の履いた感じまで同じとは限りません。


私はいつも靴のサイズは「目安」なんだなと感じています。実際、靴のスタイルが違うとワンサイズ大き目を

履かないといけないケースがこれまで幾つかありました。

パンプスとスニーカーではむしろ同じになりくいですよね。


靴選びのサイズのポイントはやはり「目安のサイズ」を持っておき必ずしもそれが「マイサイズ」

にならないと言うことになります。できれば靴のスタイルに合わせた目安サイズを自分で持っておきそこを

基準にどれが一番フィットするのかを見極める必要があるようです。あとは両足履いて静止の状態ではなく

歩いてみることが必要かもしれません。




 ここがすごいっ!!ビルケンシュトック
何がすごいのかと言えばサイズの豊富さです。

ビルケンシュトックのサイズは22.5cm〜32.5cmまでの16種類のサイズに

幅狭(ナロー)と幅広(ノーマル)が有るので実質32種類のサイズ展開です。

サイズだけじゃなくワイズまで揃えて足幅に対しても「選択肢」があることが創始者のフィッティングへの

こだわりを感じ取ることができます。


甲高や幅広の足だと今まで履いていたサイズと明らかに違うサイズになることだって有ります。

ビルケンシュトックはユーザーの自分のサイズ認識をいい意味で裏切ってくれます。






0.5〜1cmの「捨て寸」、自分はどうすればいいの?

皆さんから時々ご質問いただくのがこの「捨て寸」です。ビルケンのサイズ選びの際によく0.5〜1cmの余裕を

みてなんてこと言われますが・・・・実際どの程度がいいんだろ〜 

実際、自分の素足のサイズを測ってみて、その寸法に0.5〜1cmをプラスしてみて

サイズを選びますが仮に測ったサイズが25.5cmだとしたら

プラス0.5cmの場合26.0cmになるのでサイズ40(26cm)を選べばいいんだ〜 と言うことになりますが

プラス1cmの場合は26.5cmになります。この場合はサイズ41(26.5cm)なので選ぶサイズがワンサイズ大きくなります。

つまり、捨て寸のとり方によって結果的に選ぶサイズが変わってしまうケースがあります。

じゃあ、どうすればいいのか?お客様はとっても悩む部分です。例えば・・・

普段からピッタリ靴をお履きの方の場合、捨て寸1cmで「これが適正ですよ」なんて勧められても

実際に履いてピンとこない場合が考えられます。それはその人にとって適正かどうかで言うと微妙ですね。

最終的はやはり靴を履かれるお客様ご自身での判断がとっても重要になります。

と言うことで「捨て寸」に幅があるのは「お客様の履き味の好み」の幅とご認識頂ければ

判断しやすいですね(^^ゞ


【捨て寸の違い=履き味の違い】


   ピッタリ派≪≪≪≪  ≫≫≫≫ゆったり派
      | i  i  i  i  |  i  i  i  i  |(目盛り)
   捨て寸+0.5cm         捨て寸+1cm

捨て寸を0.5mmから1cmの範囲で考えた場合、その中で当てはまる

サイズをはき比べた場合ピッタリ目とゆったり目に分かれます。

どちらが好みなのか?それは靴を履く人の普段の履き方に大きく影響を受けますので


この判断は実際靴を履く人の判断がとても重要になります。




ページトップへ